awsのバックアップ運用はリスク回避につながる

パソコン10

システムのバックアップを導入する目的は、万が一の自体が発生したときにいかに正常な状態に復旧するためです。awsが提供するバックアップシステムはデータのみならず、インスタンスや属性に至るまで一括してバックアップできる便利なツールが揃っています。

複数のシステムを組み合わせる事でより強固にすることができます。awsのバックアップ運用に有益なツールを紹介します。

→awsの運用はnriに依頼するのが安心

データを損失のリスクを回避するawsのバックアップ運用

パソコン15

awsを運用するにあたりシステム状況を監視することは、正常にawsが稼働している事を確認する上で大事ですが、aws上で問題が発生したときにもとの状態に復旧できなければ大きな損害や支障をきたすことになります。

awsをはじめとするシステム運用で命とも言えるのがデータです。データが消えてしまうということは、今までの運用がすべて水の泡になってしまうと言っても過言ではありません。そのためデータのバックアップという手法を取り入れ、万が一の事が生じても直近の状況に復帰できるようにスタンバイしておくのがベストプラクティスです。

データのバックアップは単に一定間隔で取得すれば良いというものではありません。すべてのデータを常時上書き蓄積するのがベストと考えられがちですが、間隔が短くバックアップデータの容量が大きければシステムに負荷をかけてシステムの本サービスに影響を及ぼします。

また、異常なデータが混在した状態で上書きデータとしてバックアップされた場合、本来の正しいデータに戻すことが物理的にできなくなってしまいます。インスタンス毎にバックアップさせる方法などは、後にデータの復旧を行うケースに他のインスタンスとデータが結びつかず、完全な復旧が困難になる事もあります。

そのため、データの損失が発生した際に最低限の復旧を担保できることを想定したリスク回避方法をベースにバックアッププランを考慮する事がポイントとなります。

Snapshotによるバックアップ運用

awsにはいくつかのバックアップ機能があります。その一つがSnapshotです。Snapshotはボリュームの断面をコピーする手法でバックアップを取得する方式でS3に保存されます。EBSのバックアップという位置づけにあり、ハードディスクのバックアップのように全体の断面を切り取りバックアップします。

一般的なバックアップシステムは、フルバックアップを一度行った後、二度目以降のバックアップは差分更新で対応しています。これは、バックアップの世代を残す際にデータ容量を最小限にとどめるために同じ内容のバックアップは行わず、前回のバックアップと今回のバックアップ時を比較してデータの差分のみを残しておく方法です。

この方法は容量面で功を奏しますが、フルバックアップが削除された場合、差分データは何の意味もなさなくなります。一方awsのSnapshotは、差分バックアップする際にフルバックアップも同時に保存させる方法を採用しています。

このため初期のフルバックアップデータを破棄しても差分データを活かすことが可能です。容量が大きくなるデメリットがつきまといますが、awsでは、バックアップデータの作成時にブロック毎にデータを圧縮して保存するため、圧迫するほどの容量にならずに数世代のデータを残すことが可能です。

システムが検知できない異常なデータのままバックアップされるリスクを回避するには有効な方法です。

AMIによるバックアップ運用

SnapshotとでカバーしきれないCPUなどの情報までバックアップデータとして保存する方法にAMIがあります。AMIは、Amazon Machine Imageの略です。OSやアプリケーション等のソフトウェア構成を含むテンプレートイメージとして保存するのが特徴です。

Snapshotと比較して柔軟性があり、インスタンス丸ごとのバックアップができると同時に構成情報を自由に設定することができ、Snapshotと組み合わせるとより有効にバックアップをすることができるようになります。

手動で取得することが基本ですが、自動で行うサービスを提供しているツールもあるため、定期的にAMIを取得する運用にするのがおすすめです。

バックアップの一元管理ができる新機能aws Backup

awsからバックアップの運用を一元化し、集中管理できるマネージドサービスが最近展開されました。今までのバックアップ機能に新機能を追加してより強固なバックアップ体制を実現させることができます。新しい機能として、EC2インスタンスを丸ごとバックアップやリストアする機能、バックアップした内容を別のリージョンへコピーする機能、バックアップファイルの中から、任意の1ファイルを取り出してリストアする機能が備わっています。

従来のバックアップではそれぞれの属性に対してバックアップを個別に設定を行う必要がありますが、これを利用することで設定内のすべての属性に対して一括してバックアップが取得できるため、管理工数の削減につながります。

アタッチされているすべてのEBSボリュームをまとめてバックアップする事で、リストアした際に属性なども一括して復元できるメリットもあります。バックアップのリージョンコピーは、オンデマンドでいつでも実行することができる他、バックアップ計画を設定する際に自動実行させることもできます。

また、バックアップファイルの中から、任意の1ファイルを取り出しリストアする機能は、もともとのファイルシステム内への復元を選択するだけでなく、別のファイルシステムに任意に保存することも可能できるため自由度が高いバックアップシステムといえます。

企業での生命線となるシステムの強固なバックアップシステムにマッチするのがaws Backup機能です。

バックアップは複数の機能を併用するのが強固

awsではいくつかのバックアップシステムを展開していますが、複数のバックアップシステムを組み合わせて利用するのがベストです。バックアップを定期的に取得するだけであれば、一種類のシステムを導入するだけでも事足りますが、バックアップの本来の目的は万が一の事象が発生したときに直近の正常な状態に戻すことです。

そのため、あらゆる場面や事象を想定しておくことが大事なポイントになります。

全体に対してバックアップデータで復旧する事が一番安全で確実な方法ですが、正常に稼働しているシステムを一時的に停止させてしまったり、必要以上に遡ってしまうケースがあります。異常が発生しているデータだけにポイントを絞り、データを復旧させることが一番の方法であり、そのためにはあらゆる方向性からバックアップをしておくことが大事なポイントです。

awsのバックアップシステムは復旧時を想定して導入

aws運用のシステム異常を検知するのは監視システムですが、正常な状態に戻すために必要なのがバックアップデータです。参照元→AWS運用 ... CloudCREW

awsには様々なバックアップシステムがありますが、復旧時の事を想定して複数のバックアップシステムを導入しておくことがリスク回避のポイントになります。どのシステムも自由度が高く柔軟性があるため、容量や状況などを加味して導入するのがポイントです。